« 落語は一日にしてならず | トップページ | 横浜開港150年 »

2009年6月 2日 (火)

消えた旅客機

airplane古今亭志ん生師匠は、「あんな金属の塊が空中に浮かぶはずがない」と、決して飛行機には乗らなかったそうです。

Af_bエールフランスの旅客機が飛行中に突然レーダーから消えてしまい、今だに消息が不明なのだそうです。

落雷を受けて墜落した可能性を示唆する向きもあるようですが、落雷で墜落するようなら、本当に怖くて飛行機には乗れなくなってしまいますよ。

まさか、空中でテポドンにぶつかったなんてことはないでしょうね。

« 落語は一日にしてならず | トップページ | 横浜開港150年 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事