« 寄席の日② | トップページ | 盛者必滅・・・ »

2009年6月 1日 (月)

川○康成・・・?

   「 川 ○ 康 成 」

10450 最近はやりのクイズのように、上の○の中に漢字を一字を入れるならば、ほとんどの人が「端」と入れると思います。誰でも知っている日本が誇るノーベル文学賞作家の名前ですから。
ところが、ここに別の漢字が入ると、昨日、京王井の頭線の永福町駅ホームで、ホームで電車を待っていた、全く無関係の女性の腕を引っぱって線路に飛び込み、女性に大怪我を負わせた、泥酔した大学生の名前になるのです。

bottle日本人は、酒の上での失敗や失態に対して物凄く甘いところがありますが、この事件は「酒の上の・・・」では、決して許されないでしょう。

ヽ( )`ε´( )ノ 酩酊していて判断できない状態、心神耗弱での行為は、刑法39条2項の規定「心神耗弱者」の行為は、その刑を減軽することになっていますが、今回の被害者のことを考えると、何かやりきれなくなります。
落語では、往々にして、法律に則らず、人の気持ち~"情"や"料簡"~で裁くことがあります。・・例えば、「鹿政談」や「五貫裁き」など。

┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~ 裁判員制度も始まりましたが、人を裁くことは難しいことではありますが、罪刑法定主義ではありますが、どんな理由や事情があっても、何の罪もない人を、理由もなく危険に陥れる行為というのは、何の申し開きや情状も認められない、最も卑劣な罪だと思います。

w(゚o゚)w そういえば、関西の国立大学の学生が、集団で女性に乱暴をした事件があったにも拘わらず、大学側では「教育的な配慮・(見地?判断?)」とかで、警察にも届けていなかったということです。いずれも二十歳を超えた、しかも教育者を養成する大学の学生です。学生は何に甘えて、大学は何故甘やかしているのでしょう・・・・。何か「人の道」について勘違いしている気がします。

落語を聴きなさいsign03sign01

« 寄席の日② | トップページ | 盛者必滅・・・ »

巷談」カテゴリの記事