« 「五月幟」~考 | トップページ | 落語ファン倶楽部・Vol.7 »

2009年6月 7日 (日)

有難亭(ありがてい)

「有難亭」・・。
200906061815001_2_2師匠の名付けた「ありがた米」に因んで、"ありがてい"と読むそうです。
国語の先生の亀笑(きしょう)さんがマクラで"有り難し"の意味だと説明してくれました。
込められた気持ちがよく解る良い亭号です。

ただ天の邪鬼な私は、"ありがてい"なのか"ありがたてい"かが分かりにくく、「難」は1文字ではあまり良い意味に使われませんから、別の意味にも引っ掛けて、「有雅亭」とか「有我亭」なんていう字を当てたら・・、なんて勝手に思いました。
尤も、これでは"ゆうがてい"と読まれてしまうかもしれませんが。

wink落研には、偶然にも同じ読み方で、「有賀亭」という亭号があります。scissors
大変お世話になっている先輩で「有賀亭〆太(ありがてい・しめた)」師匠がいます。とてもいい楽しい名前ですよね。

一方、我が「三流亭」は、分を踏まえて?そのままストレートで、これしかない!と主張しているのが素晴らしいsign03(って、誰も言ってくれないから、自分で言うしかありません。)

« 「五月幟」~考 | トップページ | 落語ファン倶楽部・Vol.7 »

徒然」カテゴリの記事