« 人の噂も・・・ | トップページ | 三遊亭生之助師匠のこと »

2009年5月30日 (土)

我々の方で、よく・・・

Img「我々の方で、よく~ぅ、○○なんてぇことを申し上げます。・・・・」

先代の金原亭馬生師匠が、背中を丸めながら静かに高座に座り、深々とお辞儀をした後の第一声。志ん生師匠に似た高めの声で、馬生ワールドが始まります。

噺家さんには、"決まり文句"のようなものがあり、それを聴くのも面白いものです。

4133qkw5kvl__sl500_aa240_j 「ようこそいっぱいのお運びでございまして、ありがたく御礼を申し上げます。間ぃ挟まりまして一席申し上げることにいたします。」は、言わずと知れた黒門町。

「かわるがわる色々な顔をご覧に入れまして、さぞお力落としもございましょうが・・・。」は、先代の雷門助六師匠。

「私の方は、お喋り専門でございます。」、これは三遊亭圓右師匠。

「あっ、どうぞお構いなく。」は、桂文治師匠。

「私は春風亭柳昇と申しまして、大きなことを言うようですが、今や春風亭柳昇と言えば、我が国では・・・、私一人であります。」勿論、春風亭柳昇師匠ですよ。

先代の鈴々舎馬風師匠は、客席に向かって「よく来たな。」なんて言っていたそうですが、楽しかったでしょうね・・・。

« 人の噂も・・・ | トップページ | 三遊亭生之助師匠のこと »

徒然」カテゴリの記事