« あぜくら会 | トップページ | 親バカちゃんりん »

2009年3月16日 (月)

紀伊國屋寄席

P1000190 第531回紀伊國屋寄席。

実は、今日の番組を見て、やや地味かなと感じていたのですが、予想は見事に外れました。

P1000192    ◆ 子ほめ     古今亭志ん坊

   ◆ もぐら泥     柳家さん弥

   ◆ 二番煎じ    金原亭馬生

   ◆  西行       三遊亭楽太郎

   ◆  七段目     林家正雀

                  ◆ 帯久       三遊亭圓窓

馬生師匠の明るく丁寧な高座、楽太郎師匠の巧みな地噺、正雀師匠の十八番の芝居噺、マクラも実に面白く。

トリの圓窓師匠が、マクラで"三方一両損"のオチを話題にした時は、興奮してしまいました。考えてみれば「帯久」も"大岡裁き"でした。
それでも、先日の落語っ子連の発表会の時に、師匠がコメントしてくださった内容が織り込まれていて、嬉しかったです。"食券乱用(職権濫用)"の話など・・。
「帯久」は痛ましい内容ですが、師匠はカンナ屑に火がつく場面は、"過失"にしてあり、救われる思いでした。

観客席には、落語っ子連のまど音・まど深・窓蕗さんもいて、終演後楽屋を訪ねたようです。

« あぜくら会 | トップページ | 親バカちゃんりん »

寄席・落語会」カテゴリの記事