« 大きい噺? | トップページ | またまた寄席文字もどき »

2009年2月13日 (金)

噺家の"分類"

P1000041昨日の三之助さんの会での話題から・・。

噺家さんは、「上手いか・下手か」と、「面白いか・面白くないか」を組み合わせて、4つのタイプに分類出来るのだそうです。

即ち「上手くて面白い」・「上手いが面白くない」・「下手だが面白い」そして「下手で面白くない」。

三之助さんは、「上手くて面白い」がベスト(当たり前)で、次は「下手だが面白い」だと言います。とにかく噺家は、面白くなくてはいけないということですね。それではその次は「上手いが面白くない」かというと、かえって「下手で面白くない」方がマシで、上手くても面白くないのは駄目なのだと言っていました。

・・・・・・何となく説得力はある気がします。

具体的に、どの噺家さんがどこに入るかなどという"野暮"は、ここでは言わないことにしましょう。

下手は上手くなることがあるでしょうが、面白くないのが面白くなるのは物凄く難しい気がします。

曰く、「名人は 上手の坂を ひと登り」・・。

« 大きい噺? | トップページ | またまた寄席文字もどき »

噺家さん・芸人さん」カテゴリの記事